小規模校ならではの児童一人一人が輝く学校です!!

 平成30年度4月現在,児童数11名(1年4名 2年3名 3年0名 4年1名 5年1名 6年2名)の小規模学校ですが,一人一人が主役の光り輝く学校です。毎日の授業を大切にし,児童一人一人に確かな学力を身に付けさせることはもちろん,絵・習字・作文でも全ての児童が個性を発揮したくさん受賞しています。また,ボランティア活動も盛んで,始業前に全児童と職員で朝の清掃を続け,心の教育にも取り組んでいます。保護者・地域住民も児童と多くの行事をとおして触れ合うなど地域と一体となった素晴らしい学校です。


  校訓  ・・・・・「誠実 ・ 努力 ・ 好学」


  合い言葉・・・・「みんなが主役! みんながNo.1!!」


 

学校の概要

1 校区の概要

  校区は,大和村の西部に位置し,役場から約

 16㎞の地点にある。北・東・南の三方を高い山

 に囲まれ,西は東シナ海に面している。集落は

 一集落(名音集落)のみであり,公的機関とし

 て,名音郵便局(集配局)や名音保育所等があ

 る。戸数114戸,人口197名である。

 

2 本校の歴史

  学校創立は,明治12年に寺子屋を設けたのが

 始まりである。明治20年に名音簡易小学校を開

 設後,大正15年の大暴風雨,昭和20年の空襲に

 よる2度の学校全焼も経験しながら現在に至る。

 平成3年の新校舎落成,平成7年へき地集会室を兼ねた体育館建設など,自然と施設に恵まれた素

 晴らしい教育環境の中で充実した教育活動を推進している。平成22年度に名音中学校が閉校し,

 平成23年度から名音小学校単独校として新たにスタートして8年目になる。平成29年度に創立

 130周年を迎えた。今年131年目の学校である。

 

3 児童の様子

  児童数11名の極小規模校であるが,児童は,明るく素直で大変仲が良く,学校行事や集会活

 動,『がやまき作り」の郷土学習等で協力して助け合うなど,密接で家族的な関係を築いている。

 極小規模校ならではの特性を生かし,一人一人の学力向上・運動能力向上はもとより,児童が十

 分活躍できる環境作りに日々努力している。

 

 

100周年記念碑

 100周年記念碑「育て名音の子 年輪のごとく」が校門を入ると目に飛び込んできます。一人一人の健全な成長を願う関係者の気持ちがこの碑に託されています。児童は,登校時・下校時にこの碑をみながら自分の目標(夢)の実現に向けて日々頑張っています。







学校沿革

名音小学校の歴史
 明治12年4月から平成25年3月までの主な歴史が記載されている。
25 要覧 学校変革.pdf
PDFファイル 81.7 KB

校歌

名音小・中学校校歌
 小中併設校であったため,現在も以前からの校歌が歌われている。
IMG.jpg
JPEGファイル 1.1 MB

学校所在地